発展途上日記

アクセスカウンタ

zoom RSS たま狛到着の次第

<<   作成日時 : 2008/02/02 19:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

アニメ界の大御所大塚康生先生プロデュース、
たまさんことペーパークラフト作家玉川泰央(名前はだしていいらしい)さん原型製作のフィギュア、江戸狛犬が届きました

画像


たまさんはキット頒布を主張されたそうですが、誰もがガレキを作れるわけではない、との大塚先生のご意向で完成状態での頒布だそうで、塗装は大塚先生が手ずから塗ってらっしゃるとか。

正直パーティングラインと合わせ目を消したいなーとか思うんですが、分割ラインがけっこう奥まったとこにあるみたいなのでばらさないと無理っぽい・・・のですがパーツ構成が書いてあるわけでもないわけで・・・
まあせっかくルパンの先生が塗ってるんだからってことで、これはこのまま置いとこうかな、と。

もう一個買う余裕でもあればリペイントもありなんですけどねー
「手で触ってるうちに風格が出てきます」とのことなんでそれを楽しみにしときませうか。


あ、大塚先生が狛犬を語ったミニエッセイレベルの解説付き。お買い得ですw

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
おおぅ!
シーサーにも通じる何かが!!

で、どこに行けばお迎えすることが出来るのですか?

アイボリーレジンに茶色の墨入れでも、十分な気もしますねぇ。
根付のように「馴れ」が出てくるのもまた楽し。


2008/02/03 19:13
>鉄さん
由来は共通らしいので、
ってゆかシーサーも一種の狛犬、らしいとからしくないとか

>で、どこに行けばお迎えすることが出来るのですか?
大塚先生のサイトで通販中ですよー
記事内でひそかにリンクしてますんで入手はお早めにww
零無
2008/02/03 19:19
>狛犬
えへ。
早速、ポチッとしておきました。

シーサーは結構小さめなの売ってるんですが
狛犬ってなかなか無いですよね?
子供の頃にお寺とか神社に縁があったので
なぜかこういう造型物に心惹かれます。
狛犬とか龍って怪獣にも通じる感じもしますし。


2008/02/03 23:07
>鉄さん
お買い上げありがとうございますー
って自分が言うことじゃないですがw

こういうの、神社のお土産であってもよさそうですけどね・・・売れないんでしょうかね。狛犬自体、国産は絶滅したも同然らしいですし。
零無
2008/02/04 11:33
どもw
>狛犬
これは中々……♪
いやさすがプロですね、
とかいう自分はやっぱアマ&甘なんだろーな(自爆死)

>シーサー
手乗りふぃぎゃーが家に2体w
両親が還暦記念で沖縄旅行した際、
土産に買ってきたものですが。
置物って結構癒されるんですよね(爆)

……そう言えば狛犬フィギュアってないですね。
仁王フィギュアはあるのに(^^;)
GmaGDW
2008/02/05 01:44
コメント遅くなりました〜
(くだらないことでいろいろ忙しくて・・・)

紹介ありがとうございました。

製作してもう一年以上過ぎちゃったんで『もっとこうするべきだった〜』とかいろいろな感情がわき出してちょっと気恥ずかしい気持ちです。


零無さんの技術があるなら、
僕はリペイントを断然推しますよ。
見た感じ、ブラシを吹いただけっぽいので、鉄さんがご指摘の通り、少なくともモールドに墨入れして陰を強調したほうがよさそうです。
ちょっと手をかけてあげた方が益々風格が出てくるんじゃないかと・・・・
たま
2008/02/05 04:06
>Gmaさん
一家におひとつどーでしょうww
>手乗りふぃぎゃーが家に2体w
キ○グじゃなくて?
それはそれは♪
沖縄は一時期ブームになりましたものねぇ

干支置物とかあるんだから狛犬置物があってもいい気はします。まあ、毎年出荷が見込めない時点で商売としてはアウトなんでしょうが。干支置物は縁起物を買ってるんであって造形物として鑑賞云々じゃないですもんねー
逆に狛ねずみとか珍物系?のほうが土産物になるかも・・・むむ
零無
2008/02/05 14:57
>たまさん
いやいや渦巻きお疲れ様です
顔の面構成も実物で見ると味わい深いですー
これが其の壱ということで次回以降も勝手に期待してますよw

>僕はリペイントを断然推しますよ。
あうあう
だんだんその気になってきちゃうんですけど(汗)

写真だとつぶれてしまいますが製品版はかなり緑がかった色で若干グラデも入れてらっしゃるようで・・・基本マットですが、鼻の頭とかデフォルトでてかってるあたり、ブロンズ像風お土産テイストでけっこいい感じですよ
かるくウォッシングするだけでも風格出るかな、とか思いつつ、どうせ塗るなら気になるパーツラインが4,5本あるので消したい、とジレンマしてます(笑)
また筆でチマチマブレンディングしちゃうのもありだよなーとか…むー
零無
2008/02/05 15:09
渦巻きは難しかったですね〜。こんな表現は生まれて初めてだったのでかなり手こずりました。
美少女フィギュアを製作している人ならば、流れるような髪のデティールなどに慣れているので、もっとかっちりとしたものが作れたんじゃないかと思うんですけど・・・・僕の造形道はそっちのルートを辿って来なかったので・・・。

モデルになった物が石像ですからね。もしかしたらシンプルであるが故に塗装センスが大きく問われるモチーフなのかもしれないですね。
僕は原型作りまででもうお腹いっぱいな感じで手元にある物には着色をしていないので、カッチョイイ完成品を是非見たいものだと思っています〜。
たま
2008/02/05 15:51
>たまさん
>渦巻きは難しかったですね〜。
こう、スパチュラでこねたい気分と平刀で彫りたい気分と半々ですw
固めのエポパテとか楽かもしれないですね、と妄想してると狛犬造形にひきずりこまれてしまいそうです(汗)

>モデルになった物が石像ですからね
参考写真のモデルさんたちは経年のためかなりざらついた印象なので・・・溶きパテベースで黒白まぜて筆塗り明暗二階調、薄い砂系色を吹いてくすませたあと、白っぽい色でウォッシングして、いったんマットにしたうえで緑のドライブラシでコケ?っぽく、とか、妄想はわいてくるんですけど(汗)
ヤバい方向に気持ちが傾斜してる気がします(^^;)
零無
2008/02/05 17:43

コメントする help

ニックネーム
本 文
たま狛到着の次第 発展途上日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる