発展途上日記

アクセスカウンタ

zoom RSS どーがの実験・そのさん

<<   作成日時 : 2008/01/08 20:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

まだやってる・・・

動画(実験3レタッチ)

えーと・・・
普段固定ポーズのフィギュアを作ってます
なんで固定ポーズかといえば、人間の体に継ぎ目なんかないから
アクションフィギュアは基本的に微妙だと思ってる人です
最初からロボ娘とか銘打ってればいいんですが・・・

と、ゆーわけで、プロップの関節に継ぎ目があるのもモチロン気に食わないとゆーナンギな性分だったりします(笑)

で、消してみました

チラツキがどのていど抑えられるかって話なんですけどね・・・
ペトロフの「老人と海」とか、凄いとは思うけど、やっぱチラチラして見にくいわけじゃね?
レタッチも手作業だから似たようなハメになっちゃうかな〜〜と(汗)
さすがに今回、光源の向きは一定ですが(笑)





・・・・・・でもこのプロップ、関節消したらいわゆるひとつの単なる全裸なんだよなボソボソ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
うむ はだかだ!(w
中途半端に着せるとエロくなりますよ。
えっ そんなの狙ってない?
失礼しました(すんませんエロオヤジです)
謎村雨
2008/01/08 21:59
>謎村雨さん
はだかですね(汗)
サイズが小さいのとハイライトがきついのとでごまかしやすかったり・・・停止状態でこのていどいければなんとかなーとか
>中途半端に着せる
とりあえず別レイヤでシャツイチにできるか実験・・・とか思ってたりしてます、実はw
零無
2008/01/08 22:53
ご苦労様です。
関節モデルを使ってレタッチとは凄い発想ですね〜
ただ、純然たる立体とのボーダーをどの辺りで引くべきかを考えるとこの手法はめちゃくちゃ難しそうだよね。

なにより着衣のしわや筋肉の動きなどを考えると気が遠くなりそうです。
たま
2008/01/10 04:53
>たまさん
>関節モデルを使ってレタッチ
実は発想の根本にボークスのカスタマイズフィギュアがあるんですよね・・・あれはボールジョイントを固定すること前提の改造用素体ですが、やってみたら意外ときれいにつながるもので、ヴァーチャルでもできるんでは、と。
>ただ、純然たる立体とのボーダーをどの辺りで引くべきかを考えるとこの手法はめちゃくちゃ難しそうだよね。
写真になった時点で二次元なんですよねぇ…
このあいだの笑顔もそうですけど、動画は動画で「見せる」ことに特化しないと・・・と思ったらこういう発想になったわけで。
原型者として、人形を動かす、のではなく、フィギュアを動かす、というプロモーションをしなければならないのかな、と。
針金に油粘土なりウレタンフォームなりでマスコット的なお人形を作ったり、服もドール服着せちゃったりすれば、話が早いのはわかりきってるんですけど・・・・無茶は承知でパテを動かしたいわけで(^^;)
実用の可否はともかく実験はしていこうと思ってます〜
零無
2008/01/10 10:51
前人未到の領域に挑むっていうのはそういうことなんだよなあ・・・・
僕の紙工作でも同様でしたが、この手の実験は確実に大きな経験値をもたらしますよね。
おそらく今後、必ず大きな壁にもぶつかるとは思うけど、
ぶつかって納得しないと得られないものってありますからね。期待してます!
たま
2008/01/12 02:54
>たまさん
応援ありがとうございます〜
最大の課題は時間の捻出なのはいつものことですが(笑)
ボチボチがんばりますー
零無
2008/01/12 11:35

コメントする help

ニックネーム
本 文
どーがの実験・そのさん 発展途上日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる