発展途上日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 完成・ご老体

<<   作成日時 : 2008/01/28 19:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

サイト更新しました。
ライセンスニューウェーブの手続きが進展しないので、さきにオリジナルのほうです。

老人

美少女全盛、ようじょ万歳なご時勢になんでまたじーさまかと思われると思いますが・・・
前から作ってみたかったんですよ。
まあ、創作ほのぼの系ってことで(汗)
さすがに売れると思うほどカンチガイもしてないんでWFでは展示のみってことで(笑)

サイトにも書いてますが今回筆塗りメインです。
エアブラシは補助的にしか使ってません。
しかも使った筆が極細面相(笑)
自分はMa.Kモデラーってわけでもないんですが、手法としては近いのかもしれないですね。
三年塗りならぬ一月塗りでWFまでちまちま色重ねようかしらww

なんでこんなことをやったのかというと・・・このあいだのでブレンディングの楽しさにハマッたらしいとからしくないとか。
エアブラシは便利なんですけど・・・楽しい、のはやっぱ筆かな、と思ったりするわけです。
モデラーのサガかしら。
子どものころ、ガンプラとか筆塗りでしたよね?
そもそもそれで模型の楽しさにハマったんじゃんってことで。

まあ、その子どものころに半年お小遣いためてエアブラシ(ピースコン!)買ったのも同じ自分なわけですが(笑)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
正直な話、表面をつるつるに磨いたアニメキャラの造形にどれほどの価値があるのかっていつも思うんですよ。
表面の皺に複雑な陰の落ちる老人ってモチーフは、立体としては最も魅力的なモチーフのはずだと思うんだけどね・・・・。
たま
2008/01/30 11:01
>たまさん
フィギュアがキャラクターの魅力で語られてしまう面があるのは事実ですよね。概念の立体化(笑)という意味では具象彫刻より抽象彫刻に近いのかもしれませんねぇ。
自分で作るようになって思うのは人間っていかに物を見ていないかということなんですけど・・・ふだんいくらでも見ているはずのものがいざとなると作れない、面構成を知らない、と。
モデラーが減ってコレクターが増えている昨今ですが、そうした「純粋な鑑賞者」の鑑識眼がどういう方向へむかっていくのか…不安もありますが、嘆いてばかりでも仕方ない、と思うこのごろです
>表面の皺に複雑な陰の落ちる
カレーの市民とか楽しいのに・・・
とりあえずぱんつのシワのほうがオタクには受けるんですよねぇ
零無
2008/01/30 12:16

コメントする help

ニックネーム
本 文
完成・ご老体 発展途上日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる